サンクトガーレン ウン アンヘル / Sankt Gallen Un angel

【商品説明】

ボジョレー同時解禁 “天使”という名の【小麦のワイン】

ウィートワインは1980年代にアメリカで誕生したとされるビールのスタイルで、その発想の基になっているのは「バーレイワイン」です。

バーレイワインとの違いは主原料。バーレイワインはバーレイ(Barley/大麦)つまり“大麦麦芽”を主原料としているのに対し、ウィートワインはウィート(Wheat/小麦)つまり“小麦麦芽”を主原料としています。

小麦は大麦よりもたんぱく質が多いため、バーレイワインに比べ 口当たりが柔らかく、まろやかな印象。またビールの苦味の元になるホップ使用量も控えめ。そのため、ホップの鮮烈な苦味が印象的な“悪魔(ディアブロ)”に対し、麦の優しい味わいを楽しむ“天使(アンヘル)”という位置づけです。

ビールでありながらワイン並にアルコールが高く、ワインのように月日を経て熟成していく点はバーレイワインと共通しています。

【IBU:55 要冷蔵商品】

 

 

  • BREWERY サンクトガーレン
  • COUNTRY 神奈川県
  • ABV 10.0%
  • VOLUME 300ml
  • STYLE Wheat Wine
  • PRICE 1280yen